HOME  >  いなげやを創る社員  >  小林 正幸

店長
小林 正幸Masayuki Kobayashi 1998年入社

着実にキャリアアップを重ね、新店の初代店長を任せられるまでに。
クールな外見だが「誰にも負けたくない」という強い気持ちを秘める。
子供をお風呂に入れるのが楽しみ…というイクメンぶりも。

開店立ち上げで茫然

入社後、まずは店舗のグロサリーに配属され、のちにチーフに就任しました。その後、本部所属という形でトレーナーなど、様々な現場や立場で仕事を経験させてもらいました。そして、今は店長として、新店の開店立ち上げから携わっています。
新店オープン時は店長としての経験も浅く、また、立ち上げの経験もなかったので、何をやっていいのか茫然とするところからのスタートでした。そのとき私が持っていた知識や技術だけではできない仕事、つまり、「スキルアップしなさい」と会社が与えてくれた挑戦機会。「よーし、やってやるぞ!」と、上司や先輩、本社のメンバーなどいろいろな人に相談しながら(本当にみんなに助けられてばかりでしたが)、試行錯誤の末、なんとか無事にオープンまでたどり着けました。
開店からしばらくしたある日、「いなげやができて良かった」とお客様から声をかけていただきました。何気ない一言だったかもしれませんが、立ち上げ時の苦労が一気に報われた気がして「よっしゃー!」と心の中でガッツポーズです(笑)。

目に見えない確かなものがここにはある

担当時代は自分の守備範囲も狭いので、自分が頑張れば何とかなるもの。ただ、チーフになり、店長になり、だんだんと守備範囲が広がってくると、自分ひとりがいくら頑張っても立ち行かなくなります。店舗には毎日、数千人のお客様がお越しいただける訳ですから当然です。いかにチームとして最大限の力を発揮できるかが店長の腕の見せ所。…なのですが、マネジメントというのは本当に難しいです。オープン当初はチームをまとめられず本当に苦労しました。またもや上司や諸先輩方にアドバイスをもらいながら、少しずつ壁を乗り越えていきました。
ただ、苦労が大きかった分、仲間達と繁忙期を乗り越えたときの達成感は忘れられません。仕事での喜びや感動、逆に辛いことを分かち合える仲間は私にとって宝物。その環境を与えてくれたいなげやには感謝しています。

生産性や収益性を第一に考えるのは企業の使命ではありますが、いなげやにはそれだけではない、何かがあると思うのです。泥臭いところもあるけれど、人情味あふれるメンバーがこんなにも集まっていて、単なる職場組織の粋を超えた繋がりのようなものが、いなげやにはあると思います。

いなげやの魅力

あくまで「人」を大切にするのがいなげやの社風なんです。もし、困ったことがあれば素直にヘルプを求めたら、絶対に誰かが助けてくれます。こんな人情味に溢れる会社はそうそう他にないと思います。

入社前後のギャップ

「正社員の仕事=スマートでかっこいい」これが入社前のイメージでしたが、現実は荷出し・陳列作業ばかりを半年間続けました。当時はかなり葛藤がありましたが、今となっては貴重な経験。このときに得た感覚が今とても役立っています。

応募者へのメッセージ

いなげやの仕事は実に多彩です。今は不安もたくさんあるかと思いますが、いなげやには切磋琢磨する仲間がたくさんいます。ぜひ、勇気を出して一歩踏み出して下さい!

1日1修得

私の取り柄は負けず嫌いなところです。他の売場の担当が良い結果を出したという話を聞くと「負けてられるか!」と奮起します。仲間に追いつけ追い越せとばかりに、成果を上げるためのプランを立てては実践をひたすら繰り返す。そのような姿勢を上司がきちんと評価してくれたからこそ、店長職に就けたのだと感じます。

私が新入社員の頃、「一日ひとつでも自分が知らないことを修得するように」と先輩からよく言われました。実践してみると、成長アンテナみたいなものが出て、吸収力が高まったように感じます。毎日とても小さな積み重ねなので、たった1日ではその差は分からないでしょうが、1年分2年分と積み重なってくると、明確な差となって表れてきます。
入社したての頃は、「1日1修得」を簡単にクリアできていたのですが、知識が増えてくるとこれがなかなか難しい。ただ、もちろん私の目標はまだまだ先にあるので、もっと成長すべく、もっと学ばなくては、と自分で自分の尻を叩いています。そして、何かしらの形で、いなげやにしっかりとした足跡を残せる人物になりたいと、常に向上心を持ち続けています。

これまでのキャリア
  • 1998年4月 大学卒業後、いなげやへ入社 学生時代のアルバイトにて、人と接する仕事の楽しさを経験し、
    部活動の野球を通して培ったチームプレーの精神を活かし、
    「皆で一丸となって取り組める仕事がしたい」と小売業界へ就職を決意。

  • 1998年4月~2004年2月(入社1~6年目) 【グロサリー担当】として、立川栄町店、昭島郷地店、相模原下九沢店で勤務。
    日配品・加工食品・調味料などの一般食品全般を扱う部門を担当。
    取扱い商品が最も多岐に渡る部門の為、先輩社員は勿論、
    同期入社のメンバーとも連絡を取り合いながら、基礎を学ぶ。
    担当時代の仲間、同期との絆はとても深く、今でも交流は続いている。

  • 2004年3月~2007年9月(入社7~10年目) グロサリー部門【チーフ】(=主任)として、八王子中野店で勤務。
    今までに培った売場作りや商品管理の販売計画業務に加え、
    部門予算や売上・利益率などの数値管理、シフト作成や部下の育成業務といった、
    グロサリー部門の管理・運営全般を任される。

  • 2007年10月~2012年1月(入社10年~15年目) トレーナーとして、本部に勤務。
    各店のグロサリー部門全体を運営していくため、本部と店舗を繋ぐ役割を担う。
    担当する複数店舗を回り、店舗スタッフと協力して業務改善を進め、
    人財の育成にあたる。
    店舗と本社双方の業務を経験することで、より視野を拡げ、
    業務の幅を膨らませている。

  • 2012年2月~2018年2月(入社15~21年目) 入間春日町店の【副店長】として異動。半年後に、あきる野北伊奈店の【店長】として就任。その後、店長として入谷店、日野万願寺駅前店を経験後、2018年1月より新店の練馬関町店の立ち上げを行い、現在に至る。
    「小林店長のようになりたい!」とスタッフに思ってもらえる店長になれるよう、日々勉強と改善を繰り返しながら、地域の皆様に愛されるお店作りに邁進中。

いなげやという会社 いなげやを創る社員 新卒向け採用情報