HOME  >  いなげやを創る社員  >  清田 航太郎

スーパーバイザー(SV)
清田 航太郎Kotaro Kiyota 2009年入社

いつも笑顔を絶やさない、微笑みのスーパーバイザー。
プライベートでは、2児の子供と遊ぶのが趣味という良きお父さん。
まずは惣菜部門を究め、その後は店長を目指す!

スーパーバイザー(SV)の役割

現在、スーパーバイザー(SV)として複数店舗の惣菜部門を担当しています。SVの役割は簡単にいうと「より良い店舗運営ができるように店舗をサポート・牽引すること」になります。「売上目標を達成するためには?」と一緒になって必死に考えたり、人手が足りなければオペレーションに入ったり、やることは多岐に渡ります。

また、より良い店舗運営のためにはしっかりと店舗と本社をつなぐ必要があります。例えば、全社的な施策があったとして、情報をただ伝えるだけならメールやFAXだけでも良いはずですが、それだけではちゃんと伝わらずに施策は成功しません。
そこを我々SVがパイプ役として、施策の目的・コンセプトや背景などを伝えます。また、実際に施策を店舗に落とし込んだ際の問題点やその解決方法を「あーでもないこーでもない」と一緒に悩みます。
そこまでやって初めてより良い店舗運営が成り立つのです。

自慢のネクタイ

先日、私自身が販促計画を立てた施策と新入社員のT君の課題内容が一致したので、「じゃあ一緒にやろう!」ということでT君とタッグを組んで施策を実行することに。
朝からしっかり売場を作り込んで、いざ開店。自身の経験や、先輩に教えて頂いたノウハウをT君に伝授しながら、意見を出し合い、店舗を運営していきました。そしていよいよピークタイム。ピークタイムには二人で売場に出て、マイク販促や声掛けなどを実施。
終わってみれば、なんと全店舗中1位の記録!!

スーパーマーケットで働く一番の醍醐味は、目標に向かって皆んなで一緒になって取り組む連帯感の心地良さと、成果が出た時の達成感だと私は思ってます。
T君も今回その醍醐味を味わって、力を合わせて結果を出すことの楽しさを知ってもらったり、自信に繋がったんではないかと思います。

後日談ですが、数ヶ月後に私は昇進したのですが、その昇進祝いにT君からネクタイをもらいました(写真)。
「えっ、そんな気遣いしてくれるの!?」と嬉しびっくり!
SVとして経験も浅く日々悪戦苦闘してますが、このネクタイはT君からSVとして認めてもらえた証でしょうか。私を後押ししてくれる自慢のネクタイです!

いなげやの魅力

裁量を与えてチャレンジさせてくれるところだと思います。おかげさまで数多くの失敗をして、入社間もない頃はよく叱られました(笑)

入社前後のギャップ

「販売」でこんなにも売上が大きく変わるのかというのが驚きでした。
惣菜を作ってただ並べて売るだけではさほど売れず、売上を伸ばす仕組み・ノウハウで差が出ることに大きなギャップを感じました。

応募者へのメッセージ

頑張りをしっかり見ていてくれる上司がいて、結果を出せるように導いてくれる上司がいます。
安心してご入社ください。一緒にいなげやを盛り上げていきましょう!

販売はエキサイティング

料理が好きでしたので、惣菜部門で「商品開発」をしたいと思い、いなげやグループの株式会社クックサン(2014年合併)に入社しました。
そのため、入社当時は(店舗での)「販売」にあまり興味がそそられず、いつか商品開発を行う「商品部」に行けたらいいなと思っていました。

店舗に配属となっていろいろと学んでいくと、いつの間にか考え方が真逆になって、「販売ってこんなにおもしろいものなのか、これからもお客様の近くで活躍したい。」と思うようになりました。
自身で決断できる裁量が与えられ、知識・経験・知恵を総動員して取り組み、その成果が売上という数字になってダイレクトに自分に返ってくる、それが非常にエキサイティングで面白かったのです。
全てがうまくいくわけではありませんが、昨日より今日、今日より明日というように試行錯誤する過程もまた楽しいものですよ。そうやってチャレンジさせてくれる懐の深さがいなげやの良いところです。

一日のタイムスケジュール
  • 出社 私が担当する店舗の中から毎日1~2店舗に訪問します。
    開店前から開店直後までのオペーションや全社的な施策の対応状況などを確認します。

  • 商品化作業・レクチャー 一緒にオペレーションに入って商品化作業を手伝います。
    状況に応じて、作業手順や盛り付け方などのレクチャーを行います。

  • 昼食 店内の休憩室で惣菜・ベーカリースタッフと一緒に昼食。

  • 移動 次の店舗に移動します。

  • 事務作業 販促の結果検証から次回のヒントを模索。
    販売計画を確認・作成。

  • 売場作り・情報共有 夕方のピークに向けて一緒に売場を作っていきます。
    作業をしながら、季節やイベントに合わせてどのように売上を作っていくかアイデアを出し合います。
    また、店舗と商品部を繋ぐ架け橋として、商品部から得た現在のニーズや流れ・今後の計画などを伝えます。

  • 退社 ピークタイムの売場チェックし、退社。

いなげやという会社 いなげやを創る社員 新卒向け採用情報