HOME  >  いなげやを創る社員  >  柳多 里紗

青果部門担当
柳多 里紗Risa Yanagita 2017年入社

学生時代はずっとソフトボールに打ち込んでいた体育会系女子。
農業体験をするために石川県まで行ってしまう、
根っからの野菜・果物好き。栄養士の資格も持つ。

毎日成長!責任感が私を育てています。

学生時代からの変化としては、責任に対する意識が変わったことです。
日々の業務では先延ばしせず、毎日の仕事を計画的にその日のうちに終わらせられるようにしています。
学生時代はやらなくてはいけないことを先延ばしにし、失敗してしまうこともありました。ですが、社会人になってからはそうはいきません。いつも親切にして頂いている周りのパートナーさんが働きやすいように、早めに計画を立てることが大切だと先輩社員、上司から学びました。
その責任感が苦しいということはなく、上司にフォローをして頂きながら、今の私にはちょうど良いプレッシャーになっています!責任のある仕事は毎日やりがいがあり、達成感も味わえ、とても充実しています。「毎日成長できているなあ!」と感じる今日この頃です!

いなげやに入社した理由

「食べ物」と「健康」について興味があり、大学では栄養学を専攻していたのですが、現代の日本人は「野菜・果物の摂取量が少なく、健康を維持するための摂取量に足りていないこと」を知りました。
学んでいくうちにいつしか、多くの方が健康で長生きできるようにするお手伝いがしたいと思うようになり、そのためには「美味しい野菜・果物を今まで以上に召し上がって頂きたい!」と考えたのが、流通・小売業界を目指すことになったきっかけです。

いろいろなスーパーマーケットを見てみると、いなげやは「食と健康」をとても意識しているように感じました。
「食べ物を通じて身体の内側から健康を高めていこう」というような商品作り・商品選びをしているように私には見受けられ、私の目指す方向性と一致したので、入社したいと思いました。

いなげやの魅力

皆さん親身になって教えてくれる、何でも言い合える、そういうアットホームなところだと思います。
私の悩みに対して、いろいろな方があの手この手でサポートしてくれます。

入社前後のギャップ

流通・小売業界は働く時間が長くて大変なのかな!?というイメージがありましたが、時間内に終わらせる仕組みが出来ているので、そんなに負担はなかったのが驚きでした。
おかげさまでプライベートを満喫できています!というのが良いギャップ。
悪いギャップは、思っていたより野菜が重いぞ!ということ。いかに、楽な姿勢で作業が出来るかを日々考えています。

応募者へのメッセージ

いなげやはとてもアットホームな会社で、すぐに溶け込めるような温かい会社です。
皆様のご応募お待ちしています!

私の描くビジョン

先日お客様に「どういう林檎が美味しいの?」と訊かれたので、(どれも美味しいですが)特に美味しい林檎の見分け方をお伝えして、それからお客様と一緒になって必死に林檎を選びました。
「これで美味しい林檎が食べられるわ、ありがとう!」と満面の笑みでお帰りになられたのを見て、とても嬉しかったです。

今の私にはまだ出来る事は小さいですが、5年後にはチーフ、10年後にはバイヤーになって、より多くのお客様を笑顔にしたいです。
商品知識の向上をはじめ、少しずつ力を付けていき、将来的にバイヤーとして、自分の足で地方の農家を周って、自分の眼で良い青果物を見付けてお客様にお届けしたい!自然栽培で育てた農薬を一切使っていない野菜、身体に優しい野菜をどんどん広げていって、いなげやという会社を通じて、皆様の健康のお手伝いができれば嬉しいなと思っています。

一日のタイムスケジュール
  • 出社 開店前準備からスタート。
    センターから届いた商品を仕分け・荷出したり、売場に足りないものを補充したりして、開店前に万全の品揃えに。

  • 開店 青果の鮮度チェック。
    (いなげやでは鮮度チェックが徹底されています)

  • ミーティング 今日の流れの確認など先輩社員とのミーティング。

  • 仕分け・荷出し センターから届いた商品を仕分けして、売場に荷出し。

  • 昼食 店内の休憩室で昼食。

  • 売場チェック 午後のパートナーさんへの作業指示書(※)を作成。
    ※カット・パッキングといった商品化作業をどういう順番でどのくらいの量を行うか等

  • 発注 販売計画を元に、過去のデータや天候・在庫を加味して発注を行います。

  • 売場作業 夕方以降のピークに向けた荷出しや売場作りを行う。
    季節に沿った旬の野菜・果物をメインに売場を構成していきます。

  • 接客・販売 売場に出て、お客様とコミュニケーションを取りながら販売。
    マイク販促なども行います。未だに緊張しています。

  • 翌日準備 翌日の販売計画を確認し、販促物や商品の確認・準備を行います。
    翌日の早番の担当者への引き継ぎ、連絡事項の整理。

  • 退社 特に問題がなければ、パートナー・アルバイトさんに最後の指示を出し、退社。

※いなげやでは、パート従業員を「パートナー」と呼びます。
※いなげやでは、週40時間勤務になるよう、日によって労働時間が変わる、変形労働勤務を組んでおります。

いなげやという会社 いなげやを創る社員 新卒向け採用情報